Samurai Instruments Blog

Twitter @KojiNumazaki
Facebook
Samurai Instruments Youtube Channel

Apple Motionは音が悪い?

PVアクセスランキング にほんブログ村

今回はApple Motionというモーショングラフィック ツールの音声の話です。

<これはあくまでも私の使い方が悪かったせいでMotionの問題ではありません。>


Motionはタイトルやトランジション、 エフェクトを作るためのソフトウェアですが、撮った動画を取り込んで普通に動画編集できますし ソフトの選択肢の少なかったMacユーザは私のようにMotionのみで動画編集している方も多いのではないでしょうか?


そもそもMacで動画編集するソフトというとおそらくFinal cutが一番多いと思いますが、前からかなり値段の高いソフトだったかと思うのですが 今でも¥36,800で 数分の動画編集にその金額払うってのも、、、?? 他にもDTMやらまあ十分にお金かかりますし。

で色々探してみて 3D編集もできる Motionを3、4年前に¥10,000円で購入し、ちょっとした音楽動画編集に使用しておりました。


Motionは音声のエフェクトのプラグインこそ入れられませんが、立ち上げれば普通に動画や音声を横に並べて編集することができますし、フェードや音量の調整もしやすく、さらに3Dカメラワークなど遊んだ映像が作れる優れた編集ソフトで、5分程度の動画ならこれひとつで十分に面白いものが作れます。

でも一つだけずっと問題がありました。

それは 音が悪い、、。

音源制作時にミックスでそれなりのバランスまで持っていって Aifで取り込み 動画にしてYoutubeにアップロードしてみると、、音が悪い。 PCやスマホのスピーカーで聴くと なんかバランスが変わってしまっている感じでノイズっぽい。

まあPC、スマホは元々小さくて悪いスピーカーではありますし、Youtubeがチャンネル登録が少ないアカウントは調整して落としていることは知っておりましたので諦めておりましたが、実はこれがMotionが原因だったことに ある時気がつきました。


Motionで編集したものをレンダリングするとき音声の形式やビットレートを変更する項目が出てこないのでそのまま出力するしかなかったのですが、どうも出力した動画の音声のビットレートが非常に低い状態になっていたようでした。


現在はDaVinci Resolveに変えてからは問題ない範囲のビットレートまで上がっており感じなくなりましたが、ビットレートが低いと高域がカットされて 質感が悪ーくなってしまうんですね。


ですので私の動画はその当時のままになっておりますのでご了承くださいませ。(笑)

でサポートで作ったアーティストさんの動画は分からないように変更して言っています(笑)

モーションの編集画面
モーションの出力画面

2021/04/20