Samurai Instruments Blog

Twitter @KojiNumazaki
Facebook
Samurai Instruments Youtube Channel

ワーモスのアシンメトリックネックは最高

PVアクセスランキング にほんブログ村

アシンメトリック形状を考案したのがワーモスなのかはわかりませんが

私が約30年間使っているアシンメトリック握りのネックを昨年ビンテージアルダーボディで組み直したので 今回はアシンメトリックネックについて書いてみたいと思います。


アシンメトリーとは左右非対称と言う意味なのですが 握りが通常のU型やV型ではなく 1弦側の裏が若干多く削ってある非対称形状になっています。


この形状のネックは確か今もMusicManで一部作られているようで、握りこんでいても滑らかに早く弾いたり 下から指を開いてストレッチしたフレーズのどちらにでもすぐに対応できる大変理想的な形です。(他のメーカーでも作っているかもしれません)


指の長さにもよりますが通常のロングスケールネックを握り込んだ時に 下側に厚みがありすぎると人差し指から小指までの付け根が裏側に引かれてしまい 握った状態では指が遠くまで届きにくく、変な力も入るので動きやすい指の形が作りにくくなります。


それを解消するにはネックを薄くして指の付け根を前に出すことなのですが上下を平均的に薄くしてしまうと今度は親指が離れたり伸びた状態になりやすく 丸く握りこむことができなくなります。


V型やアイバニーズのように慣れればそれでも弾きやすくはなるのですが 理想は親指側は丸く握るための厚みがあって 下側は指が前に出るように少し薄く、、を実現したのがこのアシンメトリック形状なのです。また違和感をなくすためにエッジに丸みがありますのでネック幅が少ーし狭くなっています。


ただ下の厚みを薄くしたと言っても 言われなければわからない程度ですので、まあ簡単に言ってしまえば超弾きやすいフェンダーストラトになっていると言う訳です(笑)


またこのワーモスはジムダンロップのジャンボフレットで よりローアクションで音がなりますし、ジャンボフレットを足した厚みをちょうどに合わせてある感じで また自然なカーブなのでやはり理想的なストラトネックと言う感じになっています。


ワーモスは今も優れたネックやボディを作っていると思いますので 現在この形状のネックを作っているかわかりませんが、もし見つけたら是非試してみていただきたいと思い紹介させていただきました。


ちなみにMusicmanは確かミディアムスケールだったと思います。


(なかなかわかっていただけるようにうまく写真がとれませんが撮れたらまた変更しておきます。(笑))

2021.04.09