Samurai Instruments Blog

Twitter @KojiNumazaki
Facebook
Samurai Instruments Youtube Channel

エレキギター配線ハンダと事件?

PVアクセスランキング にほんブログ村

この写真は私の所有していたハンダのリールです。

これ以外にも短いものが色々あります。


インターネットで情報共有が当たり前になった今では多くのギタリストが知っていることだと思いますがエレキギターのハンダで音が変わるか???ということで、、、変わりますよね。

(もちろん付け方でも変わってきます)


色々試してこれと思ったハンダはいくつかあるのですが その一つがこの写真の真ん中にあるNassauの69年のAT7076。

Nassauはもっと古いものの方がワイドレンジでクリアに聴こえますが、だんだん若くなるにつれミッドレンジに太くなっていき、70年代に入るとちょっとこもりすぎって感じるくらいにミッドレンジがボコッと太くなります。

ですのでギターの場合はあまりワイドレンジなハンダを使うとシャッキシャッキのジャッキジャキの音になってしまいますが この69年はミッドレンジ集まりのぶっといサウンドでギターにもベースにも意外とあって私はすごく好きです。

個性的な(音楽的な)バランスの良い音になります。


もちろんKesterハンダでも古いものは個性的でギター向きなものが沢山ありますね。

私の持っているケスターハンダの中でも ひとつ やたらアルミっぽい明るい感じで音が前にでるようになるハンダがありますが、

ある意味コンプがかかっているような質感になってこれまたリズムギターに最適な良い音です。


まあハンダやピックアップやコンデンサーや部品を色々試して納得いく音を探すのもエレキギター重要なポイントで、

自分にとって必要な音をとことん探しては試して、やり直しては また試して、たまに大発見があって、時間を忘れて夢中になって弾き続けて、、。


とまあ長年仕事と並行して楽器や機材について色々やってきたわけです


が、、


昨年3月 コロナが流行り始めた頃 このギター人生の中で大事件がありました。


それは音楽制作の作業をした上に ギターの音まであれやこれややり続けた結果


「耳鳴りが止まらなくなってしまいました。」


仕事柄ヘッドホンで本当に僅かな音の違いを聞き分ける癖がついていたので

ギターの音も全てヘッドホンでやっておりました。


後悔先に立たず。


それ以来ほとんどアンプに通さずにギター弾いておりますので、、、


、、、ピックアップいらんじゃん、、、。


というわけで現在 耳鳴りに効く薬を沢山所有しております、、、

(笑)

みなさまご注意を、、、。

2021.03.22