Samurai Instruments Blog

2021.04.06

糊付きクロスの消費期限

今回は糊付きクロスの失敗談です。


我が家を購入してリフォームにかかろうとした当初に近くの建材ホームセンターでちょうど閉店セールがありまして ほとんどの材料を半額で買うことができました。


クロスは親類にクロス屋さんがいて材料は沢山もらえるのでそれでも良かったのですが、

色々お世話になるのも申し訳ないですし、そのセールで糊付きクロスがかなり安かったので必要分10本を勢いで買ってしまいました。


ただリフォーム作業は私一人で仕事の合間に行っては進めていったので結局時間もかかり クロス貼りの作業に入れるのが約1年半くらい立ってからになってしまい 買った糊付きクロスの消費期限がとっくに過ぎてしまいました。


仕方ないと諦めていましたが1年半後 ようやくパテ処理とかを終わらせ、いよいよクロスを開封するところまで作業を進め、恐る恐るビニールを開けてみると なんとなんと、、

紙でできた芯棒は湿度をすってカビカビ ドロドロ 真っ黒に腐ってしまっているのですが クロスや糊は外から中心まで全く問題がない感じで 汚れているわけでもなく、乾いてしまっているわけでもなく 実際に貼っても粘着力も問題ありませんでした。


元々湿度の高い状態で中心の芯棒があれだけ腐っているのですから そのカビや汚れが少しは他へ移ってしまっていてもおかしくないと思うのですが、どのロールも全く問題はありませんでした。


これは糊の面がしっかり密封されていたこともあるとは思いますが 防カビ剤の効果も強く 糊付きクロスの糊の中ではカビが全く繁殖できない ということのようにも10本を開けてみて感じました。


幸いこれで全て無駄にならずに無事クロス貼りも終えることができました。


#ただ商品や保管状態などで状況は変わってくると思いますので 今後糊付き壁紙をお使いの方は消費期限内にお早めにお使いください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ