Samurai Instruments Blog

2021.04.01

DIY屋根塗装,危険!

写真を整理していて出てきましたので書いておきます。

##大変危険な作業ですので一般の方は業者さんに依頼してください。

私も次回は業者さんに依頼します。


以前にも数回屋根塗装はやっておりますがこちらの写真は昨年6月頃に屋根塗装です。


まず高圧洗浄で古い塗装や汚れ、コケなどを飛ばします。

高圧をそのままかけると周りに飛び散りますので

一番左の床面用のカバー付き回転洗浄で水を押さこみながら綺麗にしていきます。

またスレートも弱くなっていることもあるので、汚れが落ちるギリギリの弱めの圧力で洗浄します。


注意点1

汚れた屋根に水がつくと途端にすべるようになります。

苔は少しでも水がつくとツルツルの状態になり絶対に滑ってしまいますので

まず屋根には乗らずに梯子に乗った状態から自分の乗っていく部分を先に確保するための洗浄をします。

またできるだけ屋根に乗らない状態で届くところまで洗浄します。

とにかく屋根についたコケに水がつくと立ってはいられない状態になりますので相当の注意が必要です。


注意点2

7月以降はNG

屋根は夏場でなくてもかなりの高音になります。

実際6月末でも足袋を履いていたのですが足の裏をやけどしてしまいました。

屋根塗装の場合は足袋ではなく滑りにくくできているゴム底の靴をお勧めします。


注意点3

命綱(ロープ)を両サイド(数カ所)からひっぱる

実際足場があるといいのですが 足場がない場合は2階の窓から固定したロープを上げて 塗料を塗っているときはずっと腰ベルトか手でロープを持って作業をします。




あとはスレートの間に挟むスペーサーを順に入れながら 自分の足場を確保していくように塗料を塗っていきます。


一戸建てを維持するのは大変ですね。

大変危険ですのでできるだけ業者さんに依頼しましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ